永久に生えて来ない?!レーザーによる永久脱毛の3つの特徴

2016年10月24日 | By admin |

永久脱毛には一応の定義がある

永久脱毛は、一度施術が完了すればその後一生ムダ毛が生えて来ないイメージがありますが、実はこれには一応の定義があるんですよ。米国電気脱毛協会が1950年代に定めた少し古い定義よると永久脱毛とは、最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法と定義されています。つまり、永久脱毛は、実際には施術を受ければその後永久にムダ毛が全く生えて来ない脱毛法ではなく、施術から1ヶ月後でもある程度毛の少ない状態を維持できる脱毛方法なんですよね。

レーザー脱毛による永久脱毛が最も現実的

現在永久脱毛を行うには、医療機関でのレーザー脱毛が最も実現し易く、また現実的であると言われています。その理由は、現在あるムダ毛処理法の中で最も永久脱毛に適した方法は、毛根から確実に破壊できるニードル脱毛ですが、これには施術時の痛みや毛を1本ずつ処理する施術方法に難点があります。これに対し、レーザー脱毛では痛みが軽減されており、毛根の孟母細胞やその周辺細胞を破壊できます。また、照射範囲がある為、効率的な施術を行えることから、現在最も現実的に永久脱毛を実現し易いとされているんですよ。

レーザーによる永久脱毛は実は永久減毛

レーザー脱毛による永久脱毛は、そのメカニズムから正確には永久減毛できる方法なんですよ。レーザー脱毛は、元々毛周期に着目して開発された脱毛法で、ムダ毛の再生を抑制することで処理して行く方法です。そして、毛周期の中でも成長期にあるムダ毛を狙って照射し、また肌の表面に現れるムダ毛の生え変わりサイクルも考慮しながら、何度か繰り返し照射することで次第にムダ毛を少なくすることが出来ます。これらのことから、レーザー脱毛での永久脱毛は、ムダ毛の再生を抑制した減毛状態がある程度維持できる永久減毛なんですよね。

医療脱毛は、長期的な効果を得られるので非常に有用です。パワーが強く、満足のいく結果を得ることができます。